巨大映像で迫る 北斎 / 広重 / 宗達 / 光琳

フジアールは、日本の伝統美術をデジタル技術と映像演出で新たな魅力発見につなげることをミッションとしたプロジェクト「ART-JAPANESQUE DIGITAL WORLD」をスタートする。アートプロジェクトの第一弾として、2020年7月17日(金)から8月31日(月)までの期間、デジタルアート展「巨大映像で迫る 北斎・広重・宗達・光琳 〜浮世絵と金屏風の世界〜」を、2020年5月開業のOtemachi Oneに誕生する「大手町三井ホール」にて開催する。

adf-web-magazine-degital-art

桃山時代から江戸時代の歴史的美術作品が、超高精細デジタルアートとして蘇りり、浮世絵では葛飾北斎の《冨嶽三十六景》、歌川広重の《東海道五十三次》、金屏風では俵屋宗達の《風神雷神図屏風》や尾形光琳の《菊図屏風》などの傑作が巨大スクリーンで公開される。

本展の特徴は、3面ワイド45mスクリーンに、原作和紙の繊維一本一本まで再現するほどの先進デジタル技術と高輝度4Kプロジェクター8台で映し出す圧巻の巨大映像空間。彫師、摺師の匠の技が浮き彫りになるほど、精巧に再現された浮世絵。金屏風は、金箔をはじめ、切箔、金砂子、金泥など、素材や表現の緻密な違いまでも再現する。また、ワイド17mスクリーンのエリアでは、超高精細デジタル画像ならではの映像で作品のディテールを拡大表示し、わかりやすい解説とともに作品の魅力にフォーカスする。アートと音楽をコラボレーションしたドラマチックな演出による新感覚のアートエキシビジョンとなる。

adf-web-magazine-degital-art-9 adf-web-magazine-degital-art-ogata adf-web-magazine-degital-art-3 adf-web-magazine-degital-art-fujin

展示情報

展覧会名 巨大映像で迫る 北斎 / 広重 / 宗達 / 光琳 〜浮世絵と金屏風の世界〜
会期2020年7月17日(金)〜 8月31日(月)
開館時間午前10時00分〜午後8時00分
会場大手町三井ホール (東京都千代田区大手町1-2-1 Otemachi One 3F) 
観覧料 一般:当日2,000円
高校・大学生:当日1,500円
小・中学生:当日1,000円