富山で作品制作が可能な国内外のガラス作家を募集

富山市立富山ガラス造形研究所では、富山のガラス芸術文化活動の振興と地域の活性化、人材育成を目的として2010年度よりアーティスト・イン・レジデンスを行っている。2020年度のアーティスト・イン・レジデンスは10月16日(金)から11月26日(木)までを予定し、募集締切は2020年5月28日(木)までとなっている。

adf-web-magazine-toyama-instotute-of-glass-art-2

adf-web-magazine-toyama-instotute-of-glass-art

アーティスト・イン・レジデンスは、国内外で活動するガラス作家を公募し、その中から選ばれた作家が富山の自然豊かな環境の中で制作に取り組み、その成果を滞在期間終了後も作品を通して残していこうとする活動。また、広報活動を通じ作家と「ガラスの街とやま」双方の魅力を、国内外へ発信する。アーティスト・イン・レジデンスへの応募は「2020応募フォーム」から。

富山ガラス造形研究所「アーティスト・イン・レジデンス」要綱

募集対象国内外でガラス作家として活動している方で、活動や作品が富山のガラスに新たな刺激を与えると思われる作家を選定。
実施期間2020年10月16日(金)〜11月26日(木)(6週間)
募集人員1名
提出期限2020年5月28日(木)必着
URLhttps://bit.ly/35cnetZ
備考※なお、このプログラムは新型コロナウイルス感染拡大の影響により中止する場合があります。

pwa