アートギャラリー・美術館展覧会のおすすめ情報

20225月開催のアートギャラリー・美術館の展覧会をご紹介します。開催スケジュールのほか、展示作品などの詳細情報をお伝えします。なお、最新の開館情報については、各美術館・博物館のホームページなどご確認のうえ、ご来館ください。

フラッグシップショップ「グッチ並木」にインスタレーションが登場

adf-web-magazine-gucci-4th-gen-tanabe-chikuunsai

東京・銀座のフラッグシップショップ「グッチ並木」は、2022429日に1周年を迎えました。1周年記念として、グッチを象徴するバンブーをテーマに、竹を用いた作品で国際的に注目を集めるアーティスト四代田辺竹雲斎とのコラボレーションを展開しています。そのひとつとして、このたびショップの1 階と2階をつなぐ螺旋階段の空間に大胆なインスタレーションが公開されました。

インスタレーション公開期間:2022年427日(水)– 831日(水)
時間:11:00-2000 ※不定休
住所:東京都中央区銀座6-6-12
URL: https://www.gucci.com/jp/ja/store/gucci-namiki

「線のしぐさ」東京都渋谷公園通りギャラリー

adf-web-magazine-gesture-of-lines-shibuya-koen-dori-gallery-tokyo

東京都渋谷公園通りギャラリーは2022年春の企画展として、2022423日(土)から626日(日)まで展覧会「線のしぐさ」を開催します。本展は近年日本においてまとまったかたちで紹介される機会の少なかったアメリカのアール・ブリュットの作家と日本の作家とを同じ空間で展観します。

会期:2022423日(土)〜2022年626日(日)
開館時間:11001900
会場:東京都渋谷公園通りギャラリー 展示室1、2
入場料:無料
URL: https://bit.ly/3P2gFkr

「MEET YOUR ART FESTIVAL 2022 "New Soil"」恵比寿ガーデンプレイス

adf-web-magazine-meet-your-art-festival-new-soil-nagayama-yuko-1

恵比寿ガーデンプレイス全域で開催される国内最大級のアートとカルチャーの祭典「MEET YOUR ART FESTIVAL 2022 "New Soil"」が2022年5月13 日(金)から5 月15日(日)まで開催されます。本フェスティバルでは、新進気鋭のアーティストに出会えるART FAIR「"New Soil" presented by MEET YOUR ART PICK UP ARTIST」が実施され、このたび新井碧氏、オートモアイ氏、仲衿香氏など8名の追加出展が決定しました。また、「時計広場」「センター広場」「シャトー広場」の空間演出を建築家・永山祐子氏が担当します。今年のテーマは「New Soil」です。多様なカルチャーの再接続に加え、自然と人間との再接続にまで解釈を広げることで、フェスティバルを通してサステナビリティを表現・提案する実験の場を提供します。

会期:2022年5月13日(金)〜2022年5月15日(日)
会場:恵比寿ガーデンプレイス全域
URL: https://avex.jp/meetyourart/newsoil/

現代アート美術館「KAMU kanazawa」金沢市・本多公園

adf-web-magazine-kamu-kanazawa-town-hacker-kubo-hiroko-3

泥足 ©Hiroko Kubo Photo by Yasushi Ichikawa Courtesy of KAMU kanazaw

私設の現代アート美術館「KAMU kanazawa(カム カナザワ)」は、新プロジェクト「TOWN HACKER」を始動しました。街自体を展示空間とし、街の文化や景観の特徴を改造、拡張し、作品を街に溶け込ませ、いつでも気軽にアートにふれられる環境を作るプロジェクトです。そのプロジェクト第1弾として、金沢市と連携した「公共空間活用促進モデル事業」が展開され、国登録有形文化財・旧本多家住宅長屋門などがある本多公園にアーティスト 久保寛子氏の作品「泥足」を公開します。

展示期間:202241日〜2022930
会場:本多公園
住所:石川県金沢市本多町3丁目2
URL: https://www.instagram.com/kamu_kanazawa/

「池田亮司展」弘前れんが倉庫美術館

adf-web-magazine-ryoji-ikeda-hirosaki-moca-1

青森県・弘前れんが倉庫美術館にて、2022年4月16日(土)から8月28日(日)まで、2022年度春夏プログラム「池田亮司展」が開催されます。100年前に酒造工場として建造され美術館へと生まれ変わった特殊な建築空間と、国際的なアーティスト 池田亮司のダイナミックな作品が共鳴/共振するサイトスペシフィックな没入型の展覧会となります。

会期:2022416()2022828()
会場:弘前れんが倉庫美術館
時間:午前9時~午後5
休館日:火曜日(祝日の場合は翌日に振替)※53()および82()は開館
観覧料:一般:1,300円、大学生・専門学校生:1,000
URL: https://www.hirosaki-moca.jp/exhibitions/ryoji-ikeda/

「建築模型展 -文化と思考の変遷-」WHAT MUSEUM

adf-web-magazine-what-museum-1

寺田倉庫が運営する現代アートのコレクターズミュージアム「WHAT MUSEUM(ワットミュージアム)」は2022年4月28日(木)から10月16日(日)まで「建築模型展 -文化と思考の変遷-」を開催します。古くから建築を制作するための手本として、またその時代の建築文化を伝達する媒体としての役割を果たしてきた「模型」について深く知ることが出来ます。本展初公開となる作品など、貴重な展示の数々をお楽しみください。

会期:2022428日(木)~1016日(日)
休館日:202274日(月)~85日(金)
会場:WHAT MUSEUM1階
開館時間:火~日 11時~18時(最終入場17時)月曜休館(祝日の場合、翌火曜休館)
入場料:一般 1,200円、大学生 / 専門学校生 700円、高校生以下 無料模型保管庫見学(オプション)500
URL: https://what.warehouseofart.org/exhibitions/architecturalmodel

「Creating the Base」DOMICILE TOKYOギャラリー

adf-web-magazine-tony-tafuro-creating-the-base-1

新感覚コンセプトショップDOMICILE TOKYOに併設するDOMICILE TOKYOギャラリーにて、ニューヨーク生まれのマルチミディアム・アーティスト Tony Tafuroによる展覧会「Creating the Base」が、2022年4月23日(土)から5月8(日)に開催されます。本展では、Tonyがデザインする洋服のベースとなるオリジナルキャラクターをギャラリー空間に持ち込み、キャンバスと紙の両方を使用して描いた作品集を展示します。

会期:2022423()58()※不定休
会場:DOMICILE TOKYO
住所:東京都渋谷区神宮前4丁目28−9
営業時間:12:0020:00
URL: https://domicile.tokyo/


pwa