ハイテク・ハイコンセプト・ハイタッチなダイニング体験のデザインビジョン

カリフォルニアを拠点とする建築・インテリアデザイン事務所、ウィリアム・ダフ・アーキテクツ(WDA)は、北米第6位の航空会社であるアラスカ航空、レストラン業界のイノベーター、ローカルフードグループ、サンフランシスコ・ベイエリアの人気スポットでコンセプト主導型のレストランを展開するバックオブザハウス、そしてホスピタリティマネジメント会社のブリック × ブリックなどのクライアントプロジェクトを完了させた。

adf-web-magazine-wda- hospitality-trends-15

KAIYŌ Rooftop: The bar is the focal point and features a custom-designed metal screen that frames the shelving behind the bar. Vibrant green handmade tile, a luminescent quartzite bar top and woven light fixtures complete the tropical look.
Photo credit: Patrik Argast

アラスカ航空は90年前にマクギー航空として設立され、ワシントン州のシアトルに本社を置き、サンフランシスコ国際空港の乗客ラウンジのアップグレードをWDAに依頼した。ダフはWDAリテール部門リーダーのジョナサン・鶴居とともに、豪華なプライベートダイニングを備えた英国航空のフューチャーズ・ラウンジなど4ターミナル全てで30以上の空港アメニティプロジェクトを完了させている。ブリティッシュ・エアウェイズのプロジェクトと同様に、WDAはアラスカ航空のラウンジを同社が確立したデザインガイドラインとブランド基準に沿って実現した。アラスカ航空にとって、これは親しみやすく、ブランド力のある空間を意味し、それぞれが「どうぞお入りください」、「一息つく」、「自由にくつろぐ」、「遠慮なく」といった、ゲスト体験を軸にしている。

adf-web-magazine-wda- hospitality-trends-5

Alaska Airlines Lounge at SFO: At Alaska Airlines’ new lounge at San Francisco International Airport, visitors are welcomed into a reception area framed by a sculptural interlocking slatted wood wall.
Photo credit: Patrik Argast

adf-web-magazine-wda- hospitality-trends-4

Alaska Airlines Lounge at SFO: An innovative vapor fireplace feature anchors the gathering space.
Photo credit: Patrik Argast

adf-web-magazine-wda- hospitality-trends-3

Alaska Airlines Lounge at SFO: New hospitality touches include new furniture and finishes, glass pendant lighting and pops of color to reinforce the Alaska Airlines brand.
Photo credit: Patrik Argast

2010年にサンフランシスコで創業した食通に人気のスーパー・デューパーの最新店舗でもWDAは既存のブランドガイドラインに基づき、シグネチャーアイコン、大胆なオレンジのアクセント、クラシックなダイナーのサブウェイタイル、荒削りの木のアクセントウォールなどに取り組んだ。ファストカジュアルレストランの「ファストフードのハンバーガー、スローフードの価値観」という理念は、地元の農家やデザイナー、サインペインター、職人などとも協力し、地元に根ざしたものとなっている。

adf-web-magazine-wda- hospitality-trends-10

Super Duper Laurel Village: The newest location of the locally-owned restaurant company sits on a prime corner location at a small, upscale shopping center in San Francisco.
Photo credit: Mariko Reed

adf-web-magazine-wda- hospitality-trends-9

Super Duper Laurel Village: Floating wood frames suspended from the ceiling create a sense of intimacy in the high-ceilinged dining area. A rough-hewn wood accent wall brings in additional visual warmth and completes the brand character within the space.
Photo credit: Mariko Reed

adf-web-magazine-wda- hospitality-trends-8

Super Duper Laurel Village: The fast casual restaurant features the brand’s signature iconography and bold orange accents. The design features classic “diner” subway tiles, and crisp white quartz waterfall counters with dark gray Corten steel accents.
Photo credit: Mariko Reed

一方、ローカル・フード・グループでは鶴井とWDAチームが、機能が形を決定するデザインアプローチを採用し、同社が展開するマイクロフードのパイオニア的存在であるローカル・キッチンのブランディングを一新した。WDAは同社のコンセプトの実証と最初の店舗の開発を支援し、カリフォルニア州パロアルトにこれまでで最大の店舗も完成させた。

adf-web-magazine-wda- hospitality-trends-6

Local Kitchens Palo Alto: Simple materials such as wood, concrete and greenery were chosen to create a clean palette, allowing the brand and its partners' colorful, graphic icons create a cohesive design and client experience. Butcher block tables are accompanied by playful welcoming pops of brand colors in the aqua and yellow chairs, bringing warmth to the space.
Photo credit: Patrik Argast

adf-web-magazine-wda- hospitality-trends-18

Local Kitchens' Palo Alto location is the micro food hall's largest to-date at 2,200 square feet.
Photo credit: Michelle K. Min

adf-web-magazine-wda- hospitality-trends-7

Local Kitchens Palo Alto: The project team included William Duff Architects; Bali Construction (general contractor); Acmes (MEP); Play Studio (branding); County Restaurant Supply (kitchen consultant); Cerge (IT); Signage Unlimited; Trimark (equipment supplier): and Bolt Kitchens (project manager).
Photo credit: Patrik Argast

特にブリック x ブリックのジョン・パークが考案したKAIYŌ・ルーフトップのようなハイコンセプトの店舗では、クライアント、デザイナー、建築家の間ではコラボレーション精神が重要である。WDAの創業者であるダフは、老舗企業から起業家ブランド、イノベーターまで、さまざまな目的や野心を持つホスピタリティクライアントとうまく仕事ができるのは本とデザインを融合したツール「デザイン・ビジョン」のおかげだと考えている。デザイン・ビジョンは「私たちの仕事を実現するために織り込まれている多くの未解決の糸を明確にする」5年間の会社全体の努力の結果であり、順序の原則、空間の質、デザイン感度、材料性という4つの本質的な要素を通して、デザイン問題解決にアプローチしています。デザインビジョンとは、デザインビジョンを集団で表現することであり、まとまったビジョンの枠組みの中で創造性を発揮することです」とダフは述べている。これらの条件はWDAの内部では私たちの間に存在し、外部ではクライアントのビジョンを追求する各プロジェクトチームに対して存在している。

adf-web-magazine-wda- hospitality-trends-14

KAIYŌ Rooftop: This Japanese-Peruvian Nikkei rooftop bar and restaurant, located near the Mission Bay waterfront in San Francisco, is envisioned as a destination oasis amidst the urban landscape.
Photo credit: Patrik Argast

adf-web-magazine-wda- hospitality-trends-11

KAIYŌ Rooftop: The seating options are varied and flexible, and include built-in banquettes.
Photo credit: Equal Parts Media

adf-web-magazine-wda- hospitality-trends-16

KAIYŌ Rooftop: The project team includes William Duff Architects; ROY Hospitality (interior designer); DCI (structural engineer); ACIES Engineering (MEP); Design West Partnership (food service); and Modern Metal Designs.
Photo credit: Patrik Argast

ウィリアム・ダフ・アーキテクツ (WDA)について

ベイエリアとその周辺に革新的な建築を提供する。1998年に設立されたWDAはサンフランシスコに拠点を置き、働く才能ある人々、そしてこの地域のサステナビリティへの取り組みにインスピレーションを得ている。好奇心、コラボレーション、イノベーションを促進する文化へのコミットメントが、住宅、店舗、商業の各プラクティスにおける成功の原動力となっている。


pwa