欧州連合の繁栄がデザインに反映・賞賛される

モロー・クスノキはブリュッセルの欧州議会議事堂であるポール・アンリ・スパーク・ビルのリニューアルに関する制限付き国際デザインコンペで3位を獲得した。モロー・クスノキのリニューアル・ビジョンは、ヨーロッパや民主主義の理想を多面的に表現することを目指したものであり、自然や文化、言語、意見、構造など、欧州連合が繁栄するすべてのものの多様性がデザインを通して反映され、賞賛されている。建築はあらゆる可能性と視点を育み、物理的にも思想的にもヨーロッパの共通基盤を体現するものとなった。

adf-web-magazine-moreau-kusun-1

MOREAU KUSUNOKI

このプログラムは周囲の環境と調和するよう、一枚岩の塊ではなく断片化された一連のボリュームによって表現されている。歴史地区、レオポルド公園、さらにはサンカントネール公園との空間的な連続性を回復することで、国会議事堂はブリュッセルの市民や訪問者にとっても、日常の散歩道の一部となる。ブリュッセルの新欧州議会の内外にある一連の庭園は欧州連合のアレゴリーであり、その強いルーツと常に進化し続ける性質を呼び起こす象徴的なジェスチャーでもある。

adf-web-magazine-moreau-kusun-4

MOREAU KUSUNOKI

adf-web-magazine-moreau-kusun-3

EUROPEAN PARLIAMENT - PAUL-HENRI SPAAK BUILDING BRUSSELS

adf-web-magazine-moreau-kusun-5

MOREAU KUSUNOKI

設計の第一の焦点は思慮深い資源の使用による環境負荷の低さ。このプロジェクトはリニューアルとサステナビリティの繊細なバランスを目指し、建物のイメージと性能を劇的に刷新することに成功している。既存の建築物の約60%は維持され、基礎や床スラブの大部分と同様に、十分な空間的余裕を持つ構造体も維持されている。また、空間的なフレキシビリティを確保するために構造体の大部分も残し、この建物で行われる民主的なプロセスの透明性を反映して意図的に内部の活動を一般に公開するようデザインされている。夜間は4つの灯台を通して、国会の内部活動が表示される。大議場、大委員会室、文化多目的エリア、訪問者パノラマは、それぞれのボリュームの頂点に位置し、深夜の決定、イベント、活動は都市規模での議会をドラマチックに演出する。この建物はコミュニケーション・ビーコンにも変身し、市民のためのダイナミックな基準点としても存在している。

adf-web-magazine-moreau-kusun-2

EUROPEAN PARLIAMENT - PAUL-HENRI SPAAK BUILDING BRUSSELS

モロー・クスノキについて

モロー・クスノキの建築は、その起源である文化の二面性に根ざし、創造的な和解は空間と時間のスケールの絶え間ない相互作用、理性と直感の間の穏やかな振動で表現されている。建築は控えめで内省的であることが最善であるという信念のもとにデザインし、建築の「中間」に向けた詩的なヴィジョンの出現を可能にしている。ヘルシンキのグッゲンハイム、パリ中心部のサイエンス・ポの新大学キャンパス、ブレストの国立灯台博物館、オーストラリアのシドニーにあるパワーハウス・パラマッタ博物館など、国内外の設計コンペで多数のプロジェクトを受賞。


pwa