アマンリゾートの設計を手掛けたケリー・ヒル軌跡のすべて

グラフィック社は、書籍『ケリー・ヒル建築全集』を、2022年7月に発売する。オーストラリアの建築家ケリー・ヒル。彼が設立したケリー・ヒル・アーキテクツ(KHA)は、これまでスペイン、台湾、オーストラリア、サウジアラビア、日本、インド、シンガポール、中国など世界中のありとあらゆる場所でプロジェクトに取り組んできた。adf-web-magazine-book-kerry-hill-1

本書では、KHAによる1989〜2021年までの建築物を一挙掲載。実現に至らなかった計画や、進行中のプロジェクトなどが紹介。また、ケリー・ヒルの友人であり、西オーストラリア大学建築学部名誉教授などの肩書きを持つジェフリー・ロンドンが語る、全16ページに及ぶケリー・ヒルとKHAの軌跡を辿る序文も掲載されている。

イメージ

adf-web-magazine-book-kerry-hill-6

アマネム 日本、伊勢

adf-web-magazine-book-kerry-hill-8

アマン京都 日本、京都

adf-web-magazine-book-kerry-hill-5

アマン ニューデリー インド、ニューデリー

adf-web-magazine-book-kerry-hill-7

ザ・ラルー(涵碧樓) 台湾、日月潭

adf-web-magazine-book-kerry-hill-2

ザ・ラルー(涵碧樓) 台湾、日月潭

adf-web-magazine-book-kerry-hill-4

西オーストラリア州立劇場 オーストラリア、バース

目次adf-web-magazine-book-kerry-hill-3

イントロダクション / 序文:ある建築事務所の人格 / ケリー・ヒルAO / アーミテージ・ヒル / 主なプロジェクト1989-2021 / 進行中のプロジェクト / クロノロジー寄稿者について / KHA 事務所 / 過去のメンバー / 形にしてつくり込む / 展覧会 / 受賞歴 / モノグラフ・出版 / プロジェクト別クレジット / 写真クレジット / 謝辞

ケリー・ヒル

オーストラリアパース市出身の建築家。1970年代に香港へ渡ったことを機に、リゾートホテル建築に携わるようになる。その後、自身の事務所となるケリー・ヒル・アーキテクツをシンガポール、そして故郷のパース市に設立した。繊細でエレガントな建築設計で知られ、アマンリゾートをはじめとしたリゾート建築のほか、個人宅、市立図書館など公共の施設設計も手掛けた。2001年には、マレーシアのザ・ダタイ・ランカウイの功績が讃えられ、アガ・カーンアワードを受賞。2006年には、オーストラリアの優れた建築家に与えられる、オーストラリア建築家協会金賞を受賞している。

ジェフリー・ロンドン

西オーストラリア大学建築学部の元学部長であり名誉教授、メルボルン大学客員教授、モナシュ大学非常勤教授、オーストラリア建築家協会(AIA)終身会員、AIA・WA(西オーストラリア)支部の元支部長、ニュージーランド建築家協会名誉会員の肩書きを持つ。西オーストラリア州およびビクトリア州政府に対し、都市再開発から新しい専門病院の複合開発まで、幅広いプロジェクトについてアドバイザーを務めている。建築設計コンペの審査員および審査委員長の経験多数。オーストラリア建築家協会主催による、州または国レベルの設計賞の審査員および審査委員長を歴任している。

『ケリー・ヒル建築全集』書籍情報

著者ケリー・ヒル
序文ジェフリー・ロンドン
発売日2022年7月
仕様A4変 上製 総440頁
定価9,900円

pwa