ヴィーヴ サン・ローランによる1935年の建築要素をリユースしたリフォーム

モントリオールのヴィルレイ地区にある1935年に建てられたデュプレックスの1階を改修するプロジェクトは、元の建築要素に魅了された若い家族であるクライアントのために、建築要素を残しながらモントリオールのデザインスタジオ、ヴィーヴ サン・ローランによってリフォームされた。

adf-web-magazine-residential-interior-vives-st-laurent-1.jpg

Photo credit: Alex Lesage

改修前の建物の品質は際立っていた。そのときのことをクライアントはこう話す。「私たちが到着したとき、前の所有者は、モールディング、木工品、ステンドグラスの窓などを慎重に注意深く保存していました。オリジナルのピンクのタペストリーもまだ残っていました。デュプレックスの正面玄関から見えるそのテーマカラーに近所の人は”ピンクハウス”と呼んでいました。」と。しかし裏庭に開放された居住空間を実現するためには大規模な改修が必要だった。住居はヴィルレイ地区の多くの家に典型的な中央回廊を囲む部屋のエンフィレードで構成されている。

adf-web-magazine-residential-interior-vives-st-laurent-14.jpg

Photo credit: Alex Lesage

adf-web-magazine-residential-interior-vives-st-laurent-15.jpg

Photo credit: Alex Lesage

プロジェクトの一環として実施された主要な変更の1つはメインバスルームの移転だった。部屋の位置のために後部ファサードが完全にクリアされていなかったため、空間を再編成することで、後部ファサードを開放し、メインの居住空間に入る自然光の量を最大化することができた。フレンチドアと大きなマルチペインウィンドウは、シックで洗練された雰囲気のこのスペースに最適だ。adf-web-magazine-residential-interior-vives-st-laurent-11.jpg

adf-web-magazine-residential-interior-vives-st-laurent-3.jpg

Photo credit: Alex Lesage

家族は、キッチン、ダイニングルーム、リビングルームをつなぐことを望んでいた。すべては、居住者に十分な量のオープンスペースと機能的なプライベートエリアを提供するように設計された。一方の端には、正面玄関、2つのベッドルーム、ウォークインクローゼット、バスルーム、地下室に通じる階段を含むコンパクトなエリアがある。もう一方にはキッチン、ダイニングルーム、リビングルームを含むオープンエリアがデザインされた。

adf-web-magazine-residential-interior-vives-st-laurent-5.jpg

Photo credit: Alex Lesage

 adf-web-magazine-residential-interior-vives-st-laurent-8.jpg

Photo credit: Alex Lesage

このアパートメントには、家の正面に2つのベッドルームがあり、そのうちの1つはマスタースイートとして構成されている。この領域の流動性を改善するため、前庭をわずかに拡大した。玄関にオリジナルの陶器を残すことはできなかったため、デザイナーはまったく同じモザイクパターンを使用してオリジナルの陶器を想起させた。

 adf-web-magazine-residential-interior-vives-st-laurent-9.jpg

Photo credit: Alex Lesage

アパートの特徴を維持するため、クライアントはすべての木製のドアとフレームを取り除くようにオーダーし、これらの建築要素を可能な限り再利用した。フレームの無垢材と床に使われているホワイトオークと作り付けの家具を並べることで、さまざまな時代の風合いを取り入れている。

adf-web-magazine-residential-interior-vives-st-laurent-7.jpg都会の住居から着想を得たデザインは、独特の特徴を持つ天然石の使用とさまざまな無煙炭と銅の仕上げが特徴だ。キッチンはエレガントで対称的なレイアウトが、クリアでシンプルなラインを作成する共用エリアの目玉として機能している。adf-web-magazine-residential-interior-vives-st-laurent-12.jpg

adf-web-magazine-residential-interior-vives-st-laurent-13.jpg

Photo credit: Alex Lesage

落ち着きのある単色のバスルームは、特注の木製家具と壁収納の織り目加工のガラスが際立つ。グレーの色合いの使用は、居住者の家具が統合されるにつれて進化し続ける、落ち着いた雰囲気に貢献する。新しいレイアウトは、現代のライフスタイルに適応させることでモントリオールプレックスの魅力を尊重している。

ヴィーヴ サン・ローランについて

2018年に設立された住宅および商業分野で働くインテリアデザインスタジオで、品質の原則に基づいており、余分なものがなく、公平でシンプルな空間を作成している。彼らのアプローチは耽美主義と機能主義の交差点に疑問を投げかけている。近年は企業環境の計画を専門としている。


sdgs