様々な環境を作り出すオフロードテスト試験場

マーゴット・クラソイエヴィッチ・アーキテクツが設計した新型車のオフロードテストのための通年の試験場は、モンゴルの南ゴビ砂漠、モンゴルと中華人民共和国の国境から北に80km、ハーンボグド県ハーンブンバット空港から100km、オムノゴビ湖から10kmの位置にある。

adf-web-magazine-sand-drift-proving-ground-12

Hydroplane land track
Photo credit: Margot Krasojević

建設のコンセプトは、敷地内の気候に対応して身近な環境の変化と融合することであり、砂漠の風に吹かれているような印象を与えるデザインは、使用時には風景から浮き上がり、使用していない時には雪や砂に埋もれることになる。ゴビ砂漠のなだらかな砂はトポロジーを再構成しながら風景を露わにする。この建物は砂に覆われたり姿を現したりしながら、堆積した岩盤の中に低く沈んでいく化石のような存在であり、発見を待つ遺物のようなものである。新型車の試験場には、展望トンネル、浸水エリア、さまざまな表面や地面の勾配が、車のエンジニアリングの限界をテストするために設けられている。SIACカーがスポンサーとなったこの設計では、耐久性を高めるためのねじれ障害物、ツイストトラック、路面反応、スキッドスロープ、展望・施設、人工水路の浸水・凍結ゾーンの3つのゾーンを収容。建物は人工的な景観で、太陽電池や圧電工学を利用してさまざまな走行条件を模擬した環境を再現している。路面には、雪、氷、ウェットとドライのアスファルト、機能試験場と耐久試験場などがあり、ブレーキとグリップ機能をテストすることができる。

adf-web-magazine-sand-drift-proving-ground-3

Mongolian desert site
Photo credit: Margot Krasojević

adf-web-magazine-sand-drift-proving-ground-4

Entrance to vehicle proving ground
Photo credit: Margot Krasojević

主要構造物は押し出し成形の樽型保管庫で、一部は砂漠の岩盤に埋設され、レーストラックの一部、スキッドサークルパッド、ハイドロプレーン、テスト施設を含むより低温の地下環境として機能している。一次構造からは片持ち梁のスロープが突き出し、水圧を利用して地形をスライドさせながら敷地を循環させ、コースの勾配や走行条件を変化させることで、浸水や凍結も可能となる。モンゴルの砂漠の気温は-30℃から+38℃まで変化し、敷地の気候や環境も日々変化する。

adf-web-magazine-sand-drift-proving-ground-2

Photo credit: Margot Krasojević

adf-web-magazine-sand-drift-proving-ground-6

Frozen and flooded hydroplane
Photo credit: Margot Krasojević

地上面のトラック周辺にあるハイドロプレーンエリアは、近くの貯水池を利用して一次構造の一部を凍らせる。磨き上げられた氷の表面の冷凍システムは、ループ状のレーストラックに並ぶ太陽光発電機で冷却し、最大50KWの容量を発生させる。建物は部分的に凍結・融解し、季節に応じた気候を再現するが、必要に応じて年間を通じて人工的な環境を再現することも可能となっている。線路の下にはトンネルのビューイングギャラリーがあり、常に3Dで車両を見ることができる。カメラはその動きを追跡し、建物はランドスケープ、ビークル、プログラム / ビルを融合させたインフラとなる。

adf-web-magazine-sand-drift-proving-ground-11

Photo credit: Margot Krasojević

adf-web-magazine-sand-drift-proving-ground-10

Test track facility with viewing tunnel
Photo credit: Margot Krasojević

マーゴット・クラソイェヴィッチについて

マーゴット・クラソジェヴィッチは、アーキテクチュラル・アソシエーション建築学校とロンドン大学バートレット校で建築教育を修了した。ザハ・ハディド・アーキテクツで働き、UCL、グリニッジ大学、ワシントン大学において、学部および修士課程のスタジオディレクターを務め、デジタルおよびサステイナブルデザインプログラムを調査。その後、環境問題、再生可能エネルギー、持続可能性を設計プロセスの一部として統合することに焦点を当てた、学際的な建築設計スタジオを開設した。


pwa