モントリオールのダウンタウンに「グリーン・デスキング」スペースを提供

モントリオールのダウンタンにある大規模なオフィスとショッピングコンプレックスの超高層ビル「Place Ville Marie(PVM)」に、アウトドアのコワーキングスペース「Station d’été」が設置された。無料で一般開放されているこのスペースは、オープンエアのワークステーションと、ガラス張りの会議室を備えている。都市の公共スペースの活用を促すプロジェクト「Aire commune」が2022年の6月に設置し、夏季営業3カ月の間に、約400件の予約があり、10,000人近いユーザーが利用する話題のスポットとなっている。

adf-web-magazine-station-dete-pvm-montreal-3

Photo credit: Raphaël Thibodeau

斬新なデザインで、ダウンタウンのオフィスワーカーに刺激を

世界中のビジネス街がパンデミックで打撃を受けたが、モントリオールもその例外ではなかった。PVMでは、カナダを代表する不動産投資会社 アイバンホー・ケンブリッジが推進するモントリオールダウンタウンの一大再生プロジェクト「Nouveau Centre」の主要タスクのひとつとして、当ビルとその周辺地域の再生への取り組みが行われていた。今回のフリーコワーキングスペースの設置は、その取組みの一環としてだけでなく、パンデミックで活気を失ったダウンタウン一帯を活性化させるための策ともなった。

adf-web-magazine-station-dete-pvm-montreal-1

Photo credit: Raphaël Thibodeau

ミーティングエリアは8人まで収容でき、Wi-Fi、電源、TV、空調設備も整っている。植木などのグリーンも組み込まれ、オフィスワーカーたちは、都会の中心で新たな居場所を見つけることができる。

adf-web-magazine-station-dete-pvm-montreal-7

Photo credit: Raphaël Thibodeau

adf-web-magazine-station-dete-pvm-montreal-9

Photo credit: Raphaël Thibodeau

3カ月で400件以上の予約と10,000人の利用を記録

モントリオールのダウンタウンでユニークなワークエクスピリエンスを提供する「Station d’été」は、ビジネス街の中心にあり、便利な立地と使いやすさが奏功して、ここ一帯のビジネスワーカーたちの間で人気を博している。2022年夏のわずか3カ月の間に、400件以上の予約があり、約10,000人のワーカーが利用している。また、65%という高い稼働率を記録している。

adf-web-magazine-station-dete-pvm-montreal-8

Photo credit: Raphaël Thibodeau

adf-web-magazine-station-dete-pvm-montreal-4

Photo credit: Raphaël Thibodeau

「 Îlots d’été」ネットワーク

Aire communeが運営する夏季(6月から10月)限定のアウトドアワークスペースネットワーク「 Îlots d’été」は、モントリオール市内に40のワークスペースを設置しており、Station d’étéはそのひとつである。Aire communeは2017年からグリーンデスキングの推進に取組んでおり、運営初年度(2021年)は30,000人近いユーザーを記録するなど、スタート当初から大成功をおさめていた。今年は、オフィスを20軒新設して昨年の2倍の規模へと拡大。北米で最大のアウトドアワークスペースネットワークを有するモントリオールは、今後も世界の先頭に立ってグリーンデスキング業界を牽引していく。

adf-web-magazine-station-dete-pvm-montreal-5

Photo credit: Raphaël Thibodeau

Îlots d’étéネットワークは、モントリオール観光局のFonds de maintien des actifs stratégiques en tourismeと、カナダ政府、ケベック州政府の財政的支援により実現した。また、モントリオール市、ヴィル・マリー、フィズ、プレイス・ヴィル・マリー(PVM)、 デジャルダン・グループなどの財政支援にも助けられている。

adf-web-magazine-station-dete-pvm-montreal-11

Photo credit: Raphaël Thibodeau

Aire communeについて

Aire communeは2017年に、カナダで初のアウトドアコワーキング/イベントスペースをオープンした。Aire communeは、公共空間の創造とイベントの開催などを通じて都市体験の向上を目指すNPO法人のÎlot 84がプロデュースしており、モントリオールのマイルエンド地区の外へと事業を拡大している。グリーンデスキング、フェスティバル用のテラス、コンサートやツアーパッケージの企画など、都会での生活を最大限に楽しめる体験を提供している。


pwa