自然の中で集う

オランダのクリエイティブファーム コンクリートが、ドイツのビスピンガー・ハイデ公園内にある、自然に囲まれた「センターパークコテージ」をセンターパークとともにプロデュースした。自然に恵まれ、家族が休日を楽しむ場所として人気があるセンターパーク。より多くの人々に向けたサービスの充実を目指していたところ、コンクリートはこれまで公園内にあったバンガローを見直し、新世代の革新的なプロトタイプコテージを開発した。

adf-web-magazine-concrete-center-parcs-cottage-1

Photo credit: Ton Hurks

adf-web-magazine-concrete-center-parcs-cottage-15

Photo credit: Ton Hurks

adf-web-magazine-concrete-center-parcs-cottage-2

Photo credit: Ton Hurks

adf-web-magazine-concrete-center-parcs-cottage-3

Photo credit: Ton Hurks

adf-web-magazine-concrete-center-parcs-cottage-4

Photo credit: Ton Hurks

adf-web-magazine-concrete-center-parcs-cottage-5

Photo credit: Ton Hurks

adf-web-magazine-concrete-center-parcs-cottage-6

Photo credit: Ton Hurks

そのプロトタイプは現在ドイツのビスピンガー・ハイデ公園内に設置され、一般に貸し出されている。コンクリートは、オランダの建築家ヴァン・デン・ブルックとバケマによるオリジナルのデザインからインスピレーションを受け、一体感と自然をテーマに現代的な体験を作り上げた。モジュール建築の専門知識を生かし、持続可能で建築が簡単、かつ環境にほとんど影響を与えないコテージを考案した。

adf-web-magazine-concrete-center-parcs-cottage-7

Photo credit: Ton Hurks

adf-web-magazine-concrete-center-parcs-cottage-8

Photo credit: Ton Hurks

adf-web-magazine-concrete-center-parcs-cottage-9

Photo credit: Ton Hurks

自然の中で自分自身を見つける

「自然の中で自分自身を見つける」というコンセプトがプロジェクトの中核に据えられた。すなわち、日常生活の喧騒から切り離され、自分自身と再びつながることができる空間を作ることが第一とされた。結果、新しいコテージでは屋内と屋外の空間をシームレスに融合させ、床から天井までガラス張りのファサードからは周囲の自然を一望でき、まるで屋外がリビングルームの延長のように感じられる空間を実現した。

adf-web-magazine-concrete-center-parcs-cottage-10

Photo credit: Ton Hurks

adf-web-magazine-concrete-center-parcs-cottage-11

Photo credit: Ton Hurks

adf-web-magazine-concrete-center-parcs-cottage-12

Photo credit: Ton Hurks

暮らしに意識をもたらすモジュール式コテージ

コテージは2つのプレハブ・モジュールで構成され、キッチン、複数のベッドルーム、バスルームなど、必要なものがすべて収められている。各モジュールはリビングルームでつながっており、自然を取り込める仕様になっている。リビングルームモジュールをつなぐだけでなく、コテージの心臓部でもある。広々とした窓から自然光が降り注ぎ正面と背後の景色を見渡せ、それぞれの窓からは外の美しい森が現れる。リビングルームの前には屋外のプライベートテラスがあり、親密な空間でアウトドアを楽しむことも可能。感動的な眺望だけでなく、このコテージでは自然の中に身を置くような体験ができる。一体感を演出するリビングルームは、中央の特大ダイニングテーブルを中心にデザインされており、夕食後のボードゲームにも最適。モジュール式のコーナーソファは1970年代のセンターパークの象徴的なスタイルからインスピレーションを受けており、現代の家族の多様なニーズに対応できるよう、ゲストが自分好みのシーティングアレンジを構成できる多目的ソファに生まれ変わった。

adf-web-magazine-concrete-center-parcs-cottage-13

Photo credit: Ton Hurks

adf-web-magazine-concrete-center-parcs-cottage-14

Photo credit: Ton Hurks

本プロジェクトはモジュラープレファブリケーションの原理に基づいて設計されており、2D要素と3Dモジュールのハイブリッドがオフサイトで作成され、風光明媚な自然の中で素早く組み立てられる。コテージは現場での設置が容易で、2週間とかからず完成できる。建築はシンプルで、ヴァン・デン・ブルックとバケマのモダニズム建築の伝統を維持し、屋外空間との一体化にフォーカスしている。これらオリジナルの建築家たちの影響はコテージの思慮深い配置にも表れており、バケマが好んだ手法を採用し、コテージは千鳥配置にすることで隣同士の視線を遮り、プライバシーを確保している。また、互いを遮断する仕様のテラスにより全体的な静寂感も保たれている。

持続可能なデザイン

このコテージは、持続可能性と最小限のエネルギー消費にも重点を置いて慎重に設計されている。コテージには高品質の断熱材が使用され、熱損失を最小限に抑え、エネルギー効率を最大限に高めている。オーガニック由来の素材のみを使用し、エコロジカル・フットプリントを削減するだけでなく、より健康的な室内環境にも貢献している。外装と内装の両方に一貫して木材を使用することで、屋内と屋外の区別を曖昧にし、自然とのつながりを強めている。石造りのフローリング、クロスラミネート・ティンバー(CLT)の天井、スプルース材の壁装材は、時代を超越したニュートラルな色調を実現している。耐久性のある高品質の素材を使用することで、頻繁な交換やメンテナンスの必要性を最小限に抑えている。

エネルギー供給に関しては、屋根の太陽電池と冷暖房用のヒートポンプを利用しコテージはすべて電気で運営されており、これらの特徴を組み合わせることで、環境保護を核としたエコで持続可能な滞在をも実現している。

コンクリート

1997年に設立。建築、インテリアデザイン、都市開発、企業や施設のブランド開発などのコンセプトを開発してきた52人の多分野にわたるクリエーターで構成されるチーム。手掛けたプロジェクトに、シチズンMホテル、米国のアービー・リビング、欧州のゾク・ホテルズ、オランダのムース・リビング、大阪、ロンドン、ヴェルビエのWホテル、香港のモンコック・スカイパーク、ミュンヘンのアンダーズ・ホテル、フィレンツェのマニファトゥーラ・タバッキ、ロッテルダムのデポ・ボイマンス・ファン・ベーニンゲンのレストラン・レニルデ、ヴァージン・ボヤージュ、KLMオランダ航空のクラウンラウンジ・スキポール、アムステルダムのイェルーン・ピット・ヘルスケア・ハウス、ニューヨークのザ・ウエスト・レジデンスなどがある。


pwa