建築アワード Architizer A+アワード2021が募集スタート

世界最大の建築オンラインプラットフォームであるArchitizerは、変化する世界における建築の役割を重視する第9回Architizer A+アワードの公式オープンを発表しました。

Architizer A+Awardsは、世界で最も大きくかつ最も民主的な建築アワードであり、世界中からその年の最も優れた建物や空間を顕彰します。A+Awardsは、建築・デザイン界の権威あるメンバーや、アート、テクノロジー、ファッション、メディア、ビジネス、リアルエステートの著名人で構成される250人以上の審査員によって審査されます。 公式パートナーであるPhaidon、AIA New York、Aesthetica Magazineとのコラボレーションにより、2020年のA+アワードは、世界100カ国以上から5,000以上の応募作品に対して、40万票を超える一般投票を獲得しました。ADFは、メディアパートナーの一つとしてA+Awardsをサポートします。

adf-web-magazine-the-twist-by-big

adf-web-magazine-architizer-award-2021

Beijing Daxing International Airport by Zaha Hadid Architects Photo credit: Hufton+Crow

A+アワードは、「建築をエコーチャンバーから脱却させる」(マーク・クシュナー、Architizer創設者)ことを目的とし、特に世界的に未曾有の不確実性の時代に、デザインが人々の日常生活にどのような影響を与えるのかを気づかせるために、一般の人々もアワード審査を行います。

私たちは、他の建築家のために建築するのではなく、全人類のために建築するためにここにいるのです。

A+アワード受賞者 ビャルケ・インゲルス (BIG - Bjarke Ingels Group)

2020年、世界の風景は前例のない環境や社会的な課題によって大きく変化しました。第9回目となるA+アワードは、急速に変化する世界のために設計する建築家にスポットライトを当てます。関連する新しいカテゴリーと先駆的な審査員により、2021年のA+アワードは、世界的な激変に対応し、今後数十年に渡って建築のイノベーションをリードするプロフェッショナルを称えます。アワード受賞者は、次のような質問に答えます:どのように建築は、私たちがより弾力性を持ち、より力を与えられ、来るべき挑戦のためにより多くの準備をするのを助けることができるのだろうか?

近い将来、私の出身地である街が洪水に見舞われて水没してしまっては、「壮大な」建築は何の意味もありません。このアワードを受賞したことは、建築とは周囲環境に還元すべきものだという信念を証明しています。

A+アワード受賞者 コチャコーン・ヴォラコム / Kotchakorn Voraakhom (LANDPROCESS)A+Award Winner

A+アワードは、今日の建築デザインを構成するプロジェクトの多様性を表す94の部門を審査するレスリー・ロッコ (アフリカ未来研究所の創設者兼ディレクター)、アリソン・ブルックス (アリソン・ブルックス・アーキテクツのプリンシパル兼クリエイティブ・ディレクター)、セリーヌ・セマーン (スロー・ファクトリー財団の創設者兼エグゼクティブ・ディレクター)、トム・クンディグ (プリンシパル、Olson | Kundig)、カリム・ラシッド (インダストリアル・デザイナー及びアメリカン・デザインアワード受賞者)を含む時宜を得た審査員を選出しました。

adf-web-magazine-architizer-award-2021-8

Capsule Hotel in a Rural Library by Atelier TAO+C Photo credit: Su Sheng Liang

adf-web-magazine-architizer-award-2021-7

emporary Site of Shengli Market by LUO Studio Photo credit: Jin Weiqi

adf-web-magazine-architizer-award-2021-4

Thammasat University Urban Rooftop Farm by LANDPROCESS Photo credit: LANDPROCESS

今年の新しいアワードは、業界で最も革新的なテクノロジーや低コスト建材の使用、環境や地球規模での環境を重視した作品に授与されます。病院・ヘルスケアセンター、公営住宅、災害対応などのカテゴリーのほか、「建築+環境」や「建築+ニューテクノロジー」などのコンセプトに基づいたカテゴリーも含まれています。建築カテゴリーの全リストを参照してください。

空港やオフィスタワーのアワードを受賞することは、特に満足のいくものです。それは、あらゆるタイプのプロジェクトが素晴らしい建築の機会になり得るということを意味しています。私たちはそう思っています。

A+アワード受賞者 パトリック・シューマッハ(ザハ・ハディド・アーキテクツ)

第9回A+アワードでは、Architizerの復活も見られます。世界の最高の空間を紹介する毎年恒例の大全である『The World's Best Architecture』がPhaidon社から出版されました。森俊子アーキテクト、スタジオギャング、MVRDV、ナショナルデザインアワードを受賞したMASSデザイングループなどの受賞者を紹介している本書は、建築ガイドの決定版です。

adf-web-magazine-architizer-award-2021-3

THE TWIST / Kistefos Gallery by BIG - Bjarke Ingels Group
Photo credit: Laurian Ghinitoiu

adf-web-magazine-architizer-award-2021-2

Pingelly Recreation and Cultural Centre by Iredale Pedersen Hook Architects with ATC Studio Photo credit: Peter Bennetts

adf-web-magazine-architizer-award-2021-6

Marine Education Center at the Gulf Coast Research Lab by Lake|Flato Photo credit: Casey Dunn

adf-web-magazine-architizer-award-2021-5

Fass School and Teachers' Residence by Toshiko Mori Architect Photo credit: Sofia Verzobolovskis

Architizerについて

Architizerのミッションは、建築家に活力を与えることです。Architizerは、刺激的なコンテンツ、建築製品のマーケットプレイス、アワードプログラム、そして膨大なオンラインリーチを通じて、より良い建物、より良い都市、より良い世界を構築するために必要なツールを建築家に提供しています。 

ARCHITIZER A+アワード 2021概要

応募開始2021年1月4日
応募締切April 23, 2021 (EST)
ファイナリスト発表June 15, 2021
受賞者発表June 30, 2021
アワードURLhttps://awards.architizer.com/
2020年受賞者ギャラリーhttps://winners.architizer.com/2020/