世界的に有名なビルバオのグッゲンハイム美術館でのセレモニーで名誉ある賞を授与

アーキテクチャー・マスタープライズ(AMP)は、世界的な業界最高峰のプログラムとして知られているが、2022年に開催される建築アワードのプレゼンテーションにおいても、建築の最新・最高峰、そして現代において最も多作で先進的な建築家たちを表彰する。

adf-web-magzazine-architecture-master-prize-award-winners-20

House of Music, Hungary - Sou Fujimoto&Liget Budapest Project
Photo credit: György Palkó

アーキテクチャー・マスタープライズの授賞式

建築賞の授賞式では、その年の最優秀建築プロジェクト、企業、製品、写真家が、グッゲンハイム美術館ビルバオ内で表彰される。受賞者は著名な建築家、学者、業界の専門家からなる審査員団による複数回の投票プロセスを経て選ばれ、彼らの選考は建築、学術、現場における総合的なデザイン、卓越性、創造性の中から最も優れたものを紹介している。審査員は視覚的に印象的なデザインに加え、受賞した作品が形と機能の驚くべきバランスを示していることに感銘を受けた。今年の応募作品は、次世代の建築家にインスピレーションを与えるような力作ぞろいで、彼らの作品は今後ますます重要になるサステナビリティを反映し、未来に響き渡ることとなる。

2年目となる写真部門を含む4つのカテゴリーで構成

建築賞の部門
  • アーキテクチュラル・デザイン・オブ・ザ・イヤー
  • ファーム・オブ・ザ・イヤー
  • プロダクト・オブ・ザ・イヤー
  • アーキテクチャー・フォトグラフィー・オブ・ザ・イヤー

受賞者には建築アワードへの招待状とともに、AMP受賞証明書と受賞者印が贈られ、世界的に認められたアワードから得られる名声と認知度の恩恵を受けることができる。また、受賞者はAMP建築作品集とAMPウェブサイトの受賞者ギャラリーに掲載される。

アーキテクチャー・マスタープライズ2022建築・アワードの受賞者

  • アーキテクチュラル・デザイン・オブ・ザ・イヤー:ハウス・オブ・ミュージック(ハンガリー)藤本壮介 × リジェ・ブダペスト・プロジェクト
  • インテリアデザイン・オブ・ザ・イヤー:ダイソン グローバル本社(シンガポール)M. モーザー・アソシエイツ
  • ランドスケープ・アーキテクチャー・オブ・ザ・イヤー:フローティング・フォレスト:南昌市魚尾公園 トゥーレンエスケープ
  • 建築ファーム・オブ・ザ・イヤー:MGA |マイケル・グリーン・アーキテクチャー
  • インテリアデザインファーム・オブ・ザ・イヤー:i29
  • ランドスケープ・アーキテクチャー・ファーム・オブ・ザ・イヤー:WTDデザイン
  • プロダクト・デザイン・オブ・ザ・イヤー:グレンゼバッハ・エンヴェロン「エンヴェロン・システム
  • エクステリア・フォトグラファー・オブ・ザ・イヤー:イー・シェン・リー
  • インテリア・フォトグラファー・オブ・ザ・イヤー:ラファエル・ガモ

AMPはさまざまな才能を引きつけ、評価することで、この分野を民主化しつつあります。個人的には、藤本壮介の「House of Music」がお気に入りです。まるで特大のガーデンパビリオンのように、自然、音楽、アートの相乗効果で、それぞれのパーツの総和を超えた建築を創り上げています。私は、大胆な色使い、1階にそびえる木々の独創的な統合、森のように変化する高さ、パノラマ断熱ガラスからの素晴らしい採光が気に入っています。遊び心と統一感がありながら、音楽ホールにとって重要な音響の実用性にも対応しています。建築家はリスクを負うことで、ショーペンハウアーが建築を「凍りついた音楽」と呼んだ意味の一部を捉えることに成功したのです。

ヴァレリー・シュヴァイツァー

受賞者は、2022年11月24日にビルバオのグッゲンハイム美術館で開催される建築賞の授賞式で表彰される予定。

アーキテクチャー・マスタープライズについて

2016年に創設された毎年恒例のArchitecture MasterPrize(AMP)は、優れたデザインを評価する世界的な建築アワード。質の高い建築デザインの評価と露出を世界的に進めるために創設されましたこのアワードは、建築、インテリアデザイン、景観建築、建築プロダクトデザイン、建築写真における創造性と革新性を称えるものである。


pwa