建築家 隈研吾が台湾・台南初の住宅ランドマークをデザイン

チン・ジンリン建設グループとホワイトスワン建設機構が世界的な建築家の隈研吾と協力し、台南初の壮麗な住宅ランドマークを建設することが発表された。隈研吾が主宰を務める隈研吾建築都市設計事務所は、台湾を拠点とする大手デベロッパーのチン・ジンリン建設グループおよびホワイトスワン建設機構と提携して、台南の新しい再開発エリアに集合住宅を設計し、光と影の印象的な相互作用を感じることができる森林のランドマークを創出する。2023年4月2日、隈が台湾を訪れ、チン・ジンリン建設グループとホワイトスワン建設機構が主宰するバークレー パーク - 台南の発表会に出席し、プロジェクトの設計理念とアイデアについて語った。台湾の他の集合住宅の中でも極めてユニークなファサードと公共空間がデザインされることになる。

adf-web-magazine-kengo-kuma-barklay-memorial-park-tainan

隈研吾が、台湾の「Barclay Park」の建設に向けたCing Jing Lin Groupとの最新のコラボレーションを発表

将来の世代に引き継ぐ古典的な家を残す

「台南は、豊かな文化と歴史の遺産を持つ台湾の古都です。都市の建物は通常、50年から80年の耐久性があります。私たちの目標は、台南と台湾に、将来の世代に引き継ぐ古典的な家を残すことです。」と、チン・ジンリンの林聰麟会長は述べる。そこで、30カ国で建築作品を手がけるKKAAに協力を依頼した。さらに「KKAAのこれまでのプロジェクトのほとんどが公共の建物、ホテル、商業施設だったのとは対照的に、共同住宅の設計を隈氏に依頼するまたとない機会であり、台湾の人々にも芸術作品の中に住む機会が得られることを願っています。隈氏と、同氏の主宰する国際的な建築事務所とのコラボレーションにより、日本のチームは、建物のファサードから公共スペースのインテリアデザインに至るまで、素材の使用に細心の注意と創意工夫を示すことができ、当社の国際的なブランドの認知度を高めつつ、一流のデザイン感覚と独自性を示すことができます。」と述べている。

自然と相互に作用する柔らかな木のニュアンス

隈は、「一般的に、建物には石やコンクリートのような硬さがあります。家を住居として本来想定されていた姿に戻すために、木の柔らかな要素などのニュアンスを取り入れました」と語る。隈にとって、台南は気候も良く住みやすい街である。建築デザインは台南ならではの風格、風や陽光に反応する建物、光と影の心地よい相互作用を備えた構造が見事に融合している。インスピレーションの源である木は光と影が絶えず変化し、季節によって太陽の光の角度が変化する本物の森の感覚を与えてくれる。その結果、年間を通して1つの外観を維持するのではなく、建物のファサードは木漏れ日と影の相互作用により、時間の経過とともに多様に変化する。


pwa