イベント概要

AnyTokyo実行委員会は九段の歴史的建築物kudan house (旧山口萬吉邸) にて様々な分野のデザインやアイデアが集結する「AnyTokyo 2019」を2019年11月16日から24日まで開催する。AnyTokyoは2013年に開始し、これまで52組のクリエイターが出展、約3万人が来場。2015年に開催した国の重要文化財である増上寺から4年ぶり4回目となる2019年は“Crazy Futures /かもしれない未来”をテーマに、国内外からジャンルを超えた各分野のデザイナーが歴史的建築物kudan houseに集まる。

adfwebmagazine_anytokyo_1

kudan house

暮らしにイノベーションを起こすプロダクト、ファッション、インテリア、建築、ロボティクス、コミュニケーションなどのデザイン。ジャンルの垣根を超えた展示やトークイベントを行い、未来について出展者および参加者とともに考える。想像力や創造力を刺激し、優れたビジネスモデルが生まれたり、社会課題の解決に繋がったりするような“新しい何か” が 生み出されるイベントを目指す。2019年のアートディレクターはグラフィックデザイナー/美術家の田中義久、ロゴデザインはアートディレクター ・グラフィックデザイナーの井上嗣也が手がける。

開催によせて 

世の中にあふれるモノやサービス、テクノロジーたち。でも、一体、何のためにあるのだろう。そして、私たちは何を生み出してゆけばよいのだろう。豊かな暮らしのために、文化や経済を発展させていくために、社会問題を提起したり、新しいアイデアを実験したりしながら、参加者も来場者もみんなで未来をつくっていくようなフェスティバルができないか。そんな思いからAnyTokyoを立ち上げました。4年ぶりに開催するAnyTokyoでは、たくさんの才能が登場します。英知が集結し、重なり、溶け合い、新しい何かが生まれていく。私たちの未来は、そこから始まるはずだと信じています。僕自身、まだ見ぬ現象が楽しみでなりません。

AnyTokyo 総合プロデューサー 田中雅人

adfwebmagazine_anytokyo_2

AnyTokyo2013
出展者:Daniel Widrig、Emmanuelle Moureaux×Coca-Cola Heritage Glass、柴田文江×酒井産業、h220430、鳴川肇 /AuthaGraph、村山誠、Mattiazzi、Max Gunawan × Ark Trading, Inc.、平川紀道×NIKE+ FUELBAND SE、NOSIGNER、Outofstock、Pablo Pardo&Dana Cannam× Ark Trading, Inc.、高橋良爾 田中章愛 / VITRO、TORAFU ARCHITECTS、Yosi Horikawa、Yves Behar

adfwebmagazine_anytokyo_3

AnyTokyo2014
出展者:16Lab×田子學、ディー・イントゥイティファブリック、Dentaku(Yuri Suzuki, Mark McKeague, Joseph Pleass)、Ami Drach and Dov Ganchrow、Fashion Entertainments × TAKT PROJECT、藤元明、福嶋賢二、h220430、Sebastian Herkner、Yosi Horikawa、JIN KURAMOTO STUDIO /Claesson Koivisto Rune、村越 淳、松山祥樹、POETIC LAB、SQUAIR、高須学、TAKT PROJECT、Vitra&Artek、高橋良爾 田中章愛/VITRO、脇田 玲

adfwebmagazine_anytokyo_4

AnyTokyo2015
出展者:脇田玲、BLUEVOX!、Dai Sugasawa、Emmanuelle Moureaux、Fritz Hansen、h220430 / 板坂 諭、森田 裕之、Kan Sano、大城健作、MINOTAUR、nbt.STUDIO、STUDIO MAE ENGELGEER、TAKT PROJECT、トヨタIT開発センター + 慶應義塾大学脇田玲研究室、wena project、ユウリスズキ + OPC Hack & Make Project

イベント情報
イベント名AnyTokyo2019(エニートーキョー2019) 
テーマCrazy Futures /かもしれない未来
会期2019年11月16日(土)~24日(日) 11:00-19:00 
会場kudan house(102-7703 東京都千代田区九段北1-15-9)
入場料一般:¥1,000 / 学生:¥500 
主催者AnyTokyo実行委員会、株式会社AnyProjects
公式HPhttp://anytokyo.com/2019/